サンプル画像

 当院では、主に内科・循環器領域の病気を診ています。心臓・腎臓・脳動脈硬化病変などの動脈硬化性の病気が中心となります。動脈硬化病変になりやすいものは、高血圧症・脂質異常症・糖尿病・高尿酸血症などの生活習慣病です。これらの病気は自覚症状が殆どありません。このため当院では、予防から合併症の治療まで幅広く診断・治療を行っています。
 また、悪性疾患である「がん」に対しては、検診を含めて出来るだけ早期に見つけるよう取り組んでいます。それとともに、病気を未然に防いだり、早期発見・早期治療のために、健康診断にも力を注いでいます。特に、上尾市で行われる特定健診・老人健診・各種のがん検診などにも力をいれています。予防接種も出来るだけ精力的に行っています。
 個人の診療所で出来ることは限られていますが、多くの専門医と連絡を取り合い、相談しながら診療を行っています。また、院長を中心として看護スタッフや職員一同が、外来にこられた患者さんの話に出来るだけ耳を傾け、それぞれのお悩みを少しでも良い方向へと向かうよう努力しています。正確な診断をするだけではなく、医療に関する様々な情報を、患者さんの役に立つようお伝えし、ご理解いただくようにしています。
 わたくし個人でできることは本当に微力ではありますが、理想を申し上げれば、患者さんがお気軽に相談いただけ、「話し合える場」になるような診療の場を提供できればと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  院長  小橋 一成

 

 

 

 

サンプル画像

 当院は、埼玉県上尾市の西の端に位置しています。荒川の土手より700mのところにあり、川をこえるとすぐ川越市です。北側には約28万坪の広大な敷地を誇る丸山公園があり、武蔵野の面影を残す自然に恵まれたところです。
 当院の南側には、200mほどのところまで畑が続き、その間たった2軒しか家がありません。西側はなだらかな丘陵になっており、そのいちばん低いところに小さな池「小鴨池」があります。その周辺4〜500mには家が数軒しかなく、さらにその先に丸山団地が数棟並んでいます。北側も道を隔てて、すぐに平方薬局があります。それ以外には数軒の家があるのみ。東側も広く開け、平方北小学校が遠くに見えます。かなり家が増えましたが、まだ軒数が数えられるくらい広々としています。
 そんな自然に恵まれた小さな丘の上に、ぽつんと上尾内科循環器科があります。敷地内には、数々の木々が大きく繁り、特に桜は大木となり季節には、お花見を楽しませてくれています。その他の花や草も季節の変わるごとに次から次へと咲いては、目を楽しませてくれる、そんな自然にあふれたところです。